Amazonで佐渡の農産物を販売中!佐渡のおいしさをお届けします。
☆送料無料・消費税無料☆

2017年11月1日水曜日

サトイモのキノコ汁&ゆでナスの薬味和え


サトイモのキノコ汁&ゆでナスの薬味和え

( 広報誌 「 JA佐渡 」 2017年11月号 掲載 )

・サトイモのキノコ汁(4人分)

材料:

  • サトイモ : 350g
  • 生しいたけ、しめじ、ナメコ : 各200g
  • 長ネギ : 1本
  • 油揚げ : 1枚
  • だし汁 : 3カップ半
  • 日本酒 : 大さじ2
  • みりん : 小さじ2
  • 薄口しょうゆ : 大さじ2
  • サラダ油 : 大さじ1

作り方

  1. サトイモは皮をむいて小さ目の乱切りにし、約10分間ゆでて水を切る。
  2. 生しいたけ、しめじは石突きを取って食べやすい大きさに切り、ナメコはさっと洗い水を切る。
    長ネギは1cm幅で斜め切りし、油揚げは短冊に切る。
  3. 鍋にサラダ油を入れて中火にかけ、しめじ、長ネギ、サトイモの順で炒め、火が通ったらだし汁を加えて煮立てる。
  4. 残りの具材を加えてさっと煮て、日本酒、みりん、薄口しょうゆで味を整える。
  5. 器に盛り付けてからお好みで一味トウガラシをふれば出来上がり。


・ゆでナスの薬味和え(4人分)

材料:

  • ナス : 3本
  • ミョウガ : 2個
  • 青じそ : 5枚
  • 白ごま : 少々
  • 薄口しょうゆ : 大さじ1
  • 酢 : 大さじ1
  • みりん : 小さじ1
  • 塩 : 少々

作り方

  1. ナスはヘタを取り、7~8mmの厚さで輪切りにする。
    塩を少々入れたお湯で1~2分ゆで、水を切って冷ましたら軽く絞る。
  2. ミョウガは縦半分に切ってから薄切りにし、青じそは千切りにする。
    ミョウガと青じそを水に軽く漬けてから水を切る。
  3. ボウルに薄口しょうゆ、酢、みりんを混ぜ合わせ、1と2を加えて和えれば出来上がり。


【ワンポイント】

  • サトイモのキノコ汁:油揚げを加えるとコクとボリュームがアップして食べ応えがあります。
  • ゆでナスの薬味和え:ナスはしっかりと水を絞らないと味が薄まるので注意してください。

2017年10月1日日曜日

たまごで作るアイスクリーム2種


たまごで作るアイスクリーム2種

( 広報誌 「 JA佐渡 」 2017年10月号 掲載 )

・ホイップクリーム(共通材料)

材料:

  • 生クリーム : 200cc
  • 砂糖 : 15g

作り方

  1. 大きなボウルに冷却用に氷水を張る。
  2. 小さめのボウルに材料を入れ、冷却用のボウルに当てて冷やしながら泡立て器で混ぜ、少し角が立つくらいの8分立てにする。


・卵黄アイスクリーム(4人分)

材料:

  • 卵黄 : 2個分
  • 砂糖 : 50g
  • 牛乳 : 200cc
  • バニラエッセンス : 少々

作り方

  1. 小鍋に牛乳を入れて沸騰直前まで温め、フツフツとして来たら極弱火にする。
  2. ボウルに卵黄と砂糖を入れて、泡立て器で白っぽくなるまで混ぜる。
  3. 極弱火にかけたまま、1に2を少しずつ加えながら木べらでかき混ぜ、とろみが付いたら火を止める。
  4. 3をボウルに移し、冷却用のボウルに当てて冷す。
  5. 4が十分に冷えたらホイップクリームの半分とバニラエッセンスを加えて均一に混ぜ、バットに入れて冷凍庫に入れる。
  6. 2時間ほど冷したら一旦取り出してスプーンでかき混ぜ、再度冷す。
  7. 更に1時間ほど冷しアイスが固まったら出来上がり。


・卵白アイスクリーム(4人分)

材料:

  • 卵白 : 2個分
  • 砂糖 : 50g
  • 牛乳 : 200cc
  • バニラエッセンス : 少々

作り方

  1. ボウルに卵白を入れ、砂糖を少しずつ加えながらハンドミキサーでしっかりと泡立てる。
  2. 1に牛乳を少しずつ加えながら混ぜる。
  3. 2にホイップクリームの半分とバニラエッセンスを加えて均一に混ぜ、バットに入れて冷凍庫に入れる。
  4. 2時間ほど冷したら一旦取り出してスプーンでかき混ぜ、再度冷す。
  5. 更に1時間ほど冷しアイスが固まったら出来上がり。


【ワンポイント】

  • 卵白アイスクリームは溶けやすいがさっぱりとした味です。

2017年9月1日金曜日

ホクホクかぼちゃ春巻き&米粉の生八つ橋風



ホクホクかぼちゃ春巻き&米粉の生八つ橋風

( 広報誌 「 JA佐渡 」 2017年9月号 掲載 )

・ホクホクかぼちゃ春巻き(4本分)

材料:

  • かぼちゃ : 150g
  • 玉ねぎ : 50g
  • ソーセージ : 2本
  • 塩・こしょう : 適量
  • コンソメ顆粒 : 小さじ1
  • サラダ油 : 適量
  • 春巻きの皮 : 4枚
  • 水溶き片栗粉 : 適量

作り方

  1. かぼちゃはよく洗って1cm幅に切る。
    耐熱ボウルに入れてラップし、レンジで4分ほど加熱する。
  2. 玉ねぎはみじん切り、ソーセージは輪切りにする。
  3. フライパンにサラダ油を小さじ1/2入れて中火に熱する。
    2と塩・こしょう・コンソメ顆粒を入れて玉ねぎが透明になるまで炒める。
  4. 1をフォークで粗めに潰したら3を入れてよく混ぜ、4等分にする。
  5. 春巻きの皮を角が手前にくるように広げ、4の具の1/4量を載せる。
    皮のふちに水溶き片栗粉を塗り、手前から巻き取る様にして巻き、端をしっかりと巻き止める。
  6. フライパンにサラダ油を1cmほどの深さになる様に入れて170度に熱する。
    (菜箸の先を油に入れると箸全体から細かい泡が出る程度)
    5をきつね色になるまで返しながら揚げ焼きすれば出来上がり。


・米粉の生八つ橋風

材料:

  • 米粉 : 100g(さどっ粉ミックス粉)
  • 砂糖 : 30g
  • お湯(ぬるま湯) : 120cc
  • きな粉 : 適量
  • こしあん : 適量

作り方

  1. 耐熱ボウルに米粉と砂糖を入れて軽く混ぜ合わせる。
    お湯を入れて全体をよく混ぜてラップし、レンジで30秒加熱する。
    一旦取り出して混ぜ合わせ、もう一度レンジで1分加熱する。
  2. 乾いたまな板にきな粉を振り、1を取り出して載せる。
    手である程度伸ばしたら麺棒を使って薄く伸ばし、好きな大きさで切り分ける。
  3. 2にこしあんを載せ、半分に折って包めば出来上がり。


【ワンポイント】

  • 春巻き:かぼちゃは粗くつぶした方が、ホクホク感が出ます。
  • 生八つ橋:レンジから取り出した生地は高温になっているので注意してください。

2017年8月1日火曜日

さばのミルクみそ煮&根菜のミルクそぼろ煮&たまねぎゼリー


さばのミルクみそ煮&根菜のミルクそぼろ煮&たまねぎゼリー

( 広報誌 「 JA佐渡 」 2017年8月号 掲載 )

・さばのミルクみそ煮(2人分)

材料:

  • 牛乳 : 100cc
  • さば : 2切れ
  • みそ : 大さじ1
(A)
  • 酒 : 大さじ2
  • 砂糖 : 大さじ1
  • 赤唐辛子 : 1本

作り方

  1. さばの皮目に切り込みを入れ、熱湯を満遍なくかけて臭み取りをする。
    赤唐辛子は半分に切って種を除く。
  2. 鍋に(A)とさばを入れ、牛乳を注ぐ。
  3. 強火にかけて沸騰し始めたら中火よりやや弱火にし、落とし蓋をする。
    10分ほど煮たら火を止め、そのまま冷ませば出来上がり。


・根菜のミルクそぼろ煮(2人分)

材料:

  • 牛乳 : 200cc
  • 鶏ももひき肉 : 60g
  • かぼちゃ : 1/8個(200gほど)
  • じゃがいも : 2個
  • めんつゆ(3倍濃縮) : 大さじ1
  • 塩 : 少々

作り方

  1. かぼちゃは種とわたを取り、じゃがいもと2cm角に切る。
  2. 皿に1をのせてふんわりとラップし、レンジで3分ほど加熱する。
  3. フライパンに牛乳、めんつゆ、ひき肉を入れて箸で混ぜる。
    ひき肉がほぐれたら2を加え、落とし蓋をして中火にかける。
  4. 煮たったら火を弱め、かぼちゃとじゃがいもが柔らかくなるまで煮る。
    塩で味を整えたら出来上がり。


・たまねぎゼリー

材料:

(B)
  • ゼラチン : 5g
  • 水 : 大さじ2
(C)
  • たまねぎ : 200g(小2個)
  • 水 : 200cc
  • 砂糖 : 大さじ2
  • コンデンスミルク : 60g

作り方

  1. たまねぎはたて半分に切り、5mmの薄切りにする。
    ゼラチンにBの水を加えてふやかす。
  2. 鍋にCの水を入れて火にかける。
    沸騰したら1のたまねぎを加え、15~20分ほど中火で煮てからミキサーにかける。
  3. 2が熱いうちにふやかしたゼラチン、砂糖、コンデンスミルクを加えて混ぜる。
  4. 粗熱を取ってから3を型に流し入れ、冷やし固めれば出来上がり。


【ワンポイント】

  • さばのミルクみそ煮:塩さばを使う場合は味噌の量を減らし、塩加減を調整する。
  • たまねぎゼリー:たまねぎ臭さがないので、たまねぎ嫌いのお子さんにもオススメです。

2017年7月1日土曜日

米粉のだんご汁&米粉おやき


米粉のだんご汁&米粉おやき

( 広報誌 「 JA佐渡 」 2017年7月号 掲載 )

・米粉のだんご汁(3人分)

材料:

  • だし汁 : 800cc
  • しめじ : 50g
  • 玉ねぎ : 70g
  • にんじん : 30g
  • タケノコ : 100g
  • 青ネギ : 少々
  • しょうゆ : 大さじ3
(A)
  • 米粉 : 80g(さどっ粉ミックス粉)
  • 魚すり身 : 80g
  • 卵 : 1個
  • 水 : 50cc

作り方

  1. しめじ・玉ねぎ・にんじん・タケノコを千切りにし、だし汁で煮る。
  2. ボウルに(A)を水以外入れる。水を少しずつ加えながら混ぜ、耳たぶくらいの固さにこねる。
  3. 沸騰した1に2をスプーンで1杯ずつすくい入れる。
  4. 10分ほど中火で煮て、だんごに火が通ったらしょうゆで味を整える。
    彩りに青ネギをちらせば出来上がり。


・米粉おやき(5~6人分)

材料:

  • 米粉 : 150g(さどっ粉ミックス粉)
  • 玉ねぎ : 100g
  • ツナ缶 : 70g(1缶)
  • コーン : 60g(ホール)
  • 水 : 50cc
  • マヨネーズ : 70g
  • パン粉 : 100g

作り方

  1. 玉ねぎはみじん切りにする。
    ボウルに材料全て(ツナ缶は汁ごと)入れて混ぜる。
  2. フライパンを中火で加熱し、薄く油をひく。
    1をスプーンで小分けにすくい入れて、弱火でふたをして7~8分ほど焼く。
  3. 生地の端が乾き、焼き色が薄く着いたらひっくり返して2~3分ほど焼く。
    つまようじを刺して、生地が付かなければ出来上がり。


【ワンポイント】

  • だんご汁: だし汁に入れる野菜は、冷蔵庫の残り物や季節の野菜をお好みで入れて下さい。

2017年6月12日月曜日

野菜とイカの筒煮&野菜の豆腐ステーキ&こんにゃくとエリンギのみそ炒め


野菜とイカの筒煮&野菜の豆腐ステーキ&こんにゃくとエリンギのみそ炒め

( 広報誌 「 JA佐渡 」 2017年6月号 掲載 )

・野菜とイカの筒煮

材料:

  • サツマイモ : 1/2本(100g程度)
  • アスパラガス : 10本程度
  • にんじん : 1本
  • イカ : 4杯
  • かたくり粉 : 大さじ1
(A)
  • だし汁 : 500cc
  • しょうゆ・みりん・酒 : 各大さじ4
  • 砂糖 : 大さじ2
  • ショウガ(薄切り) : 5枚

作り方

  1. サツマイモを2cm角に切り、柔らかくなるまで煮て水を切る。にんじんはスティック状に切る。
  2. イカは足と内臓、軟骨を除いて胴をきれいに洗う。足は2cmの長さに切る。
  3. イカの胴4杯に1とアスパラガス、イカの足を等分に詰め、口をようじで閉じる。
  4. 鍋に3と(A)を入れて強火にかけ、煮立ったらアクを除く。落としぶたをして中火で20分ほど煮る。
  5. イカを取り出して1.5cmの厚さに輪切りにし、皿に並べる。水で溶いたかたくり粉を煮汁に混ぜてとろみをつけ、イカにかければ出来上がり。


・野菜の豆腐ステーキ(4人分)

材料:

  • カボチャ : 1/6個(200g)
  • ズッキーニ : 3/4本(150g)
  • セロリ : 大3/4本(130g)
  • 木綿豆腐 : 2丁(600g)
  • サラダ油・小麦粉 : 適量
(B)
  • 白練りゴマ : 80g
  • ポン酢しょうゆ : 200cc
  • 水 : 50cc

作り方

  1. 木綿豆腐を2cm程度の厚さになる様に1丁を4等分に切り分ける(2丁とも)。ペーパータオルの上に並べて乗せ、20分ほど水切りする。
  2. カボチャは種とわた、皮を除いて2cm角に切る。ズッキーニ・セロリを2cm角に切り、セロリの葉は彩り用に分けておく。
  3. 1の豆腐に小麦粉を満遍なく薄くまぶす。フライパンにサラダ油を大さじ3ひいて熱し、豆腐を並べ入れる。中火で両面をこんがりと焼き、器に盛る。
  4. フライパンをきれいにしてサラダ油を大さじ2ひいて熱し、中火で2を炒める。カボチャに火が通ったらよく混ぜた(B)を回し入れ、ひと煮たちさせる。
  5. 豆腐の上に4をかけ、彩りにセロリの葉を飾れば出来上がり。


・こんにゃくとエリンギのみそ炒め(4人分)

材料:

  • こんにゃく : 1枚(200g)
  • エリンギ : 1パック(100g)
  • 塩・青のり : 少々
  • サラダ油 : 小さじ1
(C)
  • みそ : 大さじ1
  • 砂糖・酒 : 各小さじ2
  • しょうゆ : 小さじ1/2

作り方

  1. こんにゃくは塩をふってよく揉んでから水洗いし、塩気をとる。こんにゃく・エリンギを短冊形に切る。
  2. フライパンでこんにゃくをから煎りする。水気がとんだらサラダ油、エリンギを加えて炒める。
  3. 全体に油が回ったら(C)を加え、エリンギがしんなりするまで炒める。
  4. 器に盛り、青のりをふれば出来上がり。


【ワンポイント】

  • ・イカの筒煮:イカの胴体にしっかり具材を詰め込んで煮込むと、煮崩れしません。
  • ・豆腐ステーキ:豆腐の水切りを手早くしたい時は、キッチンペーパー2枚重ねで豆腐を包み、電子レンジでラップをせずに3分(500W)加熱します。
Copyright JA佐渡 -女性部 .All rights reserved. JA佐渡HPgoogle+